北海道胆振東部地震

現在、北海道南部に在住です。9月6日震度5弱の地震に襲われました。午前3時10分ちょっと前のことです。仕事をするため、パソコン画面に向かって作業していた瞬間でした。10分ほど過ぎるといきなり停電となり、周り一面真っ暗になってしまいました。地震発生と同時に、地震に関する情報をテレビで見ていたのですが、突然画面が消えてしまい驚きました。停電していた状態は、翌日7日の夕方まで続き、不安を覚えました。

災害1.jpg

地震に伴う、停電に襲われました。幸い、ガスや水道は使用することができました。しかし、電気のない生活を翌日夕方まで体験することなどはじめてです。困ったことの第一は、地震や停電に関する情報の収集です。テレビは見ることができません。また、スマホを壊してしまい、手元にない状態でした。パソコンとタブレット端末はあったのですが、Wi-Fiが使えず、役に立つことができませんでした。テレビやSNSで情報収集は無理な話だったのです。

次に地震に襲われたのが、午前3時過ぎということで、周りは真っ暗でした。気分を落ち着かせようとして、お茶を飲みたいと思い、台所のガスに火をつけようと思いました。しかし、部屋のライトはつきません。慌てていて手元に確保していたはずのLEDライトが見つかりません。もっと動揺してしまいました。そんな状態でガスをつけるのはさすがに危険だと思い、やめました。真っ暗な状態で夜明けを待つということがどれほど不安なことかを身にしみて体験しました。暗くなってからでは探すことが難しいので、何か所かに分けてライトを置いておくことにしました。

災害時に役に立ったものは、乾電池で動くラジオです。私は、事前に3台準備していました。テレビやSNSで情報収集できない部分を、すべてカバーすることができました。具体的に言うと、2台でAMラジオを聞くため、残り1台でFMラジオを聞くように分担させたのです。AMラジオは、NHKと地元民放ラジオの地震や災害情報を聞くために使いました。FMラジオは、今住んでいる場所のコミュニティ放送局を、聞くために使いました。コミュニティ放送局の災害に関する情報提供は、地元に密着している放送の特徴が最大限に発揮されていて、スーパーやコンビニエンスストアで開店している場所や食料の在庫情報を詳細に発信していました。

また、道路事情についても、どの地域の信号の点灯が復旧したか、車がどれほど渋滞しているかなどの情報をキャッチすることができました。さらに、公共交通機関のダイヤ情報に関しても同様でした。これらの点において、他のラジオ放送と比較してみると、大変災害時にこころ強い味方になってくれました。

災害時に家族とどのように連絡を確保するかについてですが、私の場合、今回スマホを使えなかったことは大変な痛手になりました。自宅に固定電話もありますが、停電でもちろん使うことはできませんでした。したがって、家族や遠い場所に住んでいる親族に自分の安否を知らせる手段が見つからず、大変な不安要因でした。連絡手段の共有は、結果としてありませんでした。これは、仕事をしている職場の仲間たちについてもいえることです。したがって、災害時の連絡手段の共有に関しては、これからに課題を残したといえます。

次に、災害時の集合場所の共有問題です。このことは、職場に関わる部分が大きいと思います。どこに、集まるかどうかですが、災害の規模によっては変わってくることを実感しました。したがって、固定した集合場所を決めておくことは危険ではないかと思いました。外出先での被災や、土地勘のない場所で地震になった場合、一番近い安全な避難所がわかるアプリなどないかと調べていたら、ポケットシェルター(代表:藤川博久さん)というアプリを見つけました。もし被災した場合、携帯端末の一定距離の移動が検出されれば、登録してある複数のメールアドレスにユーザーの安全が推定された旨のメッセージを自動で送信し、オフラインでも安否メールが送信されます。また、近くの避難場所や給水場所をナビで表示してくれるそうです。地震に台風など被災の多かった今年ですが、オフラインでも利用できるアプリの導入を検討して備えようと思っています。

Copyright © 2018年の災害 All right reserved. Design: Supermodne.